【満員御礼】豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅

2月5日現在、満席のためキャンセル待ちとなりますのでご了承下さい。

《最も美しい季節を迎えた津南!老舗酒蔵を訪ねアートなかまくらでの夕食。雪山ハイキングで縄文時代へ思いを馳せる2日間》

あうたび代表の唐沢です。
今回は、新潟県中魚沼郡に位置する津南町での「あうたび」です。豪雪地としても有名な津南は、その雪解けの水により美味しい米、野菜の産地としても知られています。まさに豪雪真っ只中の津南町で、この時期ならではの体験と人々との出会いをお楽しみ下さい。このツアーは、新潟県の協力により企画をしております。
【企画協力】新潟県 十日町地域振興局 企画振興部
新潟県のホームページでもご紹介いただきました。

<今回会いに行く人>
苗場酒造 杜氏 内山勝也さん
かたくりの宿 宿主 渡邊泰成さん
NPO法人Tap 江村大輔さん
津南町長 桑原悠さん(特別ゲスト)
他、地元の方々にもご参加頂きます。

【特別ゲスト】津南町 町長 桑原悠さん

全国で最年少町長として今年の8月に就任された桑原町長。現在、32歳2児の母親として、まちづくりと子育てを両立されていらっしゃいます。今回のツアーでは、お忙しい合間を縫ってあうたびツアー中に遊びに来て頂くことになっております。

<桑原町長からのコメント>
津南町は世界最大級の有人豪雪地帯です。ここでしか味わえない食事やアクティビティ、そして雪国ならではの知恵や柔軟な発想で暮らしている人々との出会いをどうぞ楽しんでください!

旅行代金:38,000円(会員価格あり)
詳しくは下記をご覧ください。

あうたびは、人に会うことをテーマにした旅です。その土地の人に会い、美味いもの食べて、一緒に酒を飲み、交流する旅です。企画の前に何度もその土地を訪れ、取材をして打ち合わせを重ね信頼関係を築いた上でツアーを開催しております。普通のツアーでは決して体験することの出来ない地元の人々との交流や特別な体験をお楽しみ下さい。

<昨シーズンのツアーの様子>

イベントお申込み

【1日目】11:30 苗場酒造 杜氏 内山勝也さん

明治40年創業の苗場酒造(旧滝澤酒造)を訪ねます。新潟の酒は、淡麗辛口と表現されちょっと薄味に感じるものもある中、こちらの蔵では淡麗でありながらも米の旨味をしっかり感じられる地酒を造っています。代表銘柄の名前にもなっている日本百名山「苗場山」の伏流水を仕込み水として、100年以上も魚沼の人々に愛されている酒蔵です。

杜氏の内山さんに、仕込み作業中の蔵の中をご案内していただきます。

◎仕込み中の酒蔵内を特別に見学、酒造りのお話を聴きます。

 

12:30 蔵人の旧宿舎で地元料理と地酒を味わう

昔は、蔵人たちが蔵に寝泊まりして酒造りを行っていました。その宿泊棟を改築した風情あるお食事会場で昼食。料理担当の高橋美代さんの地元料理を味わいながら苗場山の飲み比べなど、お昼から贅沢な時間を過ごします。

この地域の特徴的な料理素材の一つでもある、ゼンマイを使ったけんちん汁など野菜を中心としたお酒に合う料理の数々をお楽しみ下さい。

◎津南で取れた野菜を使った手作りの地元料理と地酒のランチ

14:30 「さわってください」なじょもん立ち寄り

農と縄文の体験実習館「なじょもん」に立ち寄ります。津南町の歴史、地形について簡単に説明をしていただきます。

信濃川上流の河岸段丘に位置する津南町は、日本一河岸段丘の町として知られています。この段丘上にはすでに1万数千年前から人々が暮らしていました。津南町には、縄文時代の遺跡が数多く残されており、出土した土器を実際に触ることができます。

◎レプリカではありません!実際に出土した土器に触って下さい。

15:30 「かたくりの宿」宿主 渡邊泰成さん

兵庫県から津南町の秋山郷へ移住してきた渡邊泰成さんが運営するかたくりの宿に宿泊します。若い頃は芸術家を目指し海外へ勉強のため頻繁に旅に出ていたという泰成さん。そろそろ落ち着いて何かに挑戦しようと考えたとき「日本人なのに日本の事をよくわかっていない」と国内に目を向け、たまたまご縁があったこの地へ移住されました。

山小屋で働いていた経験を活かし、宿の運営からお客様サービスまで行う。超限界集落とも言われる秋山郷で地元の方の期待を背負いながら日々新しい事に挑戦しています。移住して約10年経ちますが、今でも雪国の暮らしは大変だな〜と思うそうです。

◎秘境秋山郷の天然温泉と白銀の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。

16:00 雪国の除雪体験

豪雪地津南の町中より更に雪深い秋山郷地区。半年近くも雪に覆われるこの地域では、相当な時間と労力を除雪に費やします。実際に雪国での暮らしを感じていただくため、除雪作業のお手伝いを少しだけ体験します。(天候や降雪状況により内容が異なるので、詳しくはお楽しみに)


18:00 アートなかまくらで夕食会


夕食は、アート作家の長谷川仁さんが手掛けたかまくら内で、お召し上がりいただきます。宿の料理は山菜や野菜をふんだんに使った地元料理です。味、彩り、栄養のバランスを考え、素材の味を味わっていただけるような料理作りを心がけています。地元の郷土料理をアレンジしたもの、集落のお母さん達から教わったもの、ソース、佃煮、漬物、デザートも全て手作りです。

◎アートなかまくら内で贅沢な時間と美味しい地元料理の夕食タイム

21:00 宿に入って地元の方との2次会

かまくらディナーの後は、宿に入って2次会。温泉に入ったり、地元の方とのお話をゆっくりとお楽しみ下さい。

【2日目】 9:00 苗場酒造仕込み訪問

一番大切な忙しい朝の酒蔵へお邪魔します。「酒蔵の醍醐味は朝の仕込み作業です。せっかくなので、是非ご覧になって下さい。」苗場酒造の新保社長から特別にお誘いをいただいたので再び苗場酒造を訪ねます。活気あふれる朝の酒蔵をお楽しみ下さい。

◎この活気、臨場感は、朝の蔵に来た人しかわかりません。

10:00 NPO法人Tap 江村大輔さん

スノーシューを履いて誰も歩いていない新雪の上をハイキング。縄文時代の遺跡が数多く発掘されている津南の森を歩き縄文時代に思いを馳せます。雪の上を進んで行くと突如現れるのが、縄文時代の竪穴式住居!焚き火で暖を取りながら、パンなどを炙って食べるなど縄文時代へタイムスリップをお楽しみ下さい。

1984年 新潟県津南町生まれ。高校卒業後、県外に就職し、22歳で地元津南へ。子どもたちの遊びの活動や年配の方の健康づくりに取り組み、人づくりとまちづくりに奮闘中。現在は特定非営利活動法人Tap事務局長。(Tap=Tsunan All Peapleの略)

◎雪山を歩き縄文時代へタイムスリップ!

13:00 十日町雪まつりでクラフトビールとジビエに舌鼓

津南町からの帰り道に、雪まつりで盛り上がる十日町へ。地元のクラフトビール「妻有ビール」の製造販売を行っている高木千歩さん、自ら狩猟を行い「農家民宿茅屋や」を経営している高橋美佐子さんを訪ねます。クラフトビールを飲みながら、ジビエの串焼きをお楽しみ下さい。

以上、2日間でたっぷりと豪雪と津南町を満喫していただくツアーです。皆さん、本当に良い人ばかりで、ここに記載されている以上に間違いなく楽しんでいただけると思います。文字では伝えきれない、人と人のリアルな繋がり、人の優しさ野菜の美味しさを是非現地で体験して下さい。
あうたび 代表 唐沢

イベントお申込み

<スケジュール>

時 間 内 容 食 事
2月16日(
8:00 東京駅集合
新幹線にて越後湯沢へ
10:30 越後湯沢駅から路線バスにて津南町へ(11:20着)
※運賃770円は各自ご精算下さい。
11:30 苗場酒造へ
内山杜氏の案内で蔵の中を見学
仕込み中の蔵に立ち入るのは、通常できない貴重な体験です。
12:30 酒蔵で郷土料理・田舎料理の昼食
その昔、蔵人達が寝泊まりしていた部屋を改築した部屋で、蔵の酒「苗場山」を味わいながら昼食
昼食
14:30 津南町農と縄文の体験実習感「なじょもん」へ立ち寄り
町の地形や宿泊する秋山郷の場所などを軽く学びます。
15:30 秋山郷結東温泉「かたくりの宿」着
豪雪地での暮らしを体験(除雪作業のお手伝いなどを体験していただきます)
その後、温泉に入って夕食までのんびりとお過ごしください
18:00 アートなかまくらでの夕食
芸術作家の長谷川仁さんの作品「アートなかまくら」内で地元の食材を使った夕食、地酒を堪能
 夕食
21:00 宿に入って2次会
地元の方との交流をお楽しみ下さい。
2月17日(
7:30 宿にて朝食 朝食
9:00 苗場酒造で仕込み作業を見学
蒸し上がったお米から蒸気が立ち上る様子は冬の酒蔵ならではの光景です
10:00 スノーシューハイキングへ
地元のカフェからスノーシューを履いて、誰も歩いていない新雪の上をハイキング。
約40分のハイキングとなります。防水防寒ウェア(長靴、手袋、スキーウェアなど)の準備をお願い致します。
11:10 竪穴式住居内へ
なじょもんの敷地内にある縄文式竪穴式住居(復元)の中で焚き火をして
パンなどを炙ってお召し上がりいただきます。(軽食)
 軽食
12:40 路線バスにて十日町へ(約20分)
※津南町ー十日町間の路線バス運賃400円は各自ご精算下さい。
13:15 十日町雪まつり会場へ
十日町でビール会社を立ち上げた高木千歩さん、猟師民宿の経営者、高橋美佐子さんのブースへ立ち寄ります。
地ビールとジビエ串焼きなどお楽しみ下さい。
15:30 ほくほく線にて越後湯沢へ
十日町駅(15:55発)⇒越後湯沢駅(16:28着)
※運賃650円は各自ご精算下さい。
17:00 越後湯沢⇒上越新幹線⇒東京駅(大宮・上野下車可)
18:30頃 東京駅着、解散

※時間は目安となります。内容に関しても現地事情や進捗状況により、適宜変更をさせていただく場合がございます。

旅行代金 大人38,000円(会員価格37,000円)
子供23,000円、幼児12,000円
※越後湯沢駅集合は、大人10,000円・子供5,000円割引(幼児は割引なし)
料金に含まれるもの 往復交通費、宿泊代金、食事代金(朝1回、昼2回(軽食含む)、夜1回)、懇親会費、各体験費、受入見学代、温泉入湯税、旅行傷害保険 ※公共交通機関は各自ご精算あり(約1800円)
集合場所 東京駅
集合時間 8:00頃
現地集合の場合 越後湯沢駅 10:15集合
宿泊先 かたくりの宿(※男女別相部屋
服装・持ち物 スキーウェアなど防水・防寒着、長靴、手袋、マフラーなど
(レインウェアの下にフリースなどの暖かい服、長ズボンなどでも対応可)
最少催行人員 10名(最大受付人数:20名)
ツアー催行日の14日前までに最少催行人員に満たない場合、ツアーを中止させていただきます。
キャンセル規定 14日前以降・・代金の20%、3日前以降・・代金の50%、無連絡不参加・・代金の100%
受付締切 催行日の10日前 ※定員になり次第締め切らせて頂く場合もございます。
あうたび会員について 現在会員制度の準備中のため、過去にあうたびにご参加をいただいた方を会員とさせていただいております。
特に登録や年会費等は不要です。

【旅行企画・実施】
あうたび合同会社(東京都知事登録旅行業第2−7472)
東京都北区赤羽1-59-8ヒノデビル4F
電話:03-6356-4461
担当:唐沢
ご質問・お問い合わせ:info@autabi.com

【企画協力】
新潟県 十日町地域振興局 企画振興部
新潟県十日町市妻有町西2丁目1番地
電話:025-757-5517

イベントお申込み

Pocket
LINEで送る

【満員御礼】豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅 │ にいがたドットらいふ

  2. ピンバック: 「豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅」でかまくらでの地酒を堪能! | Not a Salmon but SAKE(酒)

コメントは停止中です。