第1回二本松市田舎暮らし体験ツアー

こんにちは!あうたびの唐沢です。
あうたび発祥の地、福島県二本松市が主催する「田舎暮らし体験ツアー」が初めて開催されることとなりました。あうたびのホームページでもご紹介させていただきますので、振るってご参加下さい。

以下、二本松市からの情報を転載

《6月22日〜1泊2日 第1回二本松市田舎暮らし体験ツアー開催》

【二本松市からメッセージ】
二本松市は、高村光太郎が「智恵子抄」の中で、妻・智恵子のあどけない話として「あだたら山の上に出ている青い空がほんとの空」だと伝えている『ほんとうの空』がある市として知られています。二本松藩・丹羽家10万石の城下町として歴史を刻んできたエリア、安達太良山の麓にある岳温泉・安達太良高原エリア、東の阿武隈山系に連なる里山の恵み豊かな中山間地域エリアに分かれており、豊かな自然が住む人、訪れる人々をやさしく包んでくれます。

今回のツアーは、阿武隈山系に連なる地域で有機農業を営んでいる方々が、農業後継者と一緒に有機農業を営んでみたい方を募集するために企画したものです。農業を新たに始める方のサポート体制も整っておりますので、是非足を運んでみてください。お待ちしております!

イベントお申込み

受入農家さんのご紹介
有機農家 関 元弘さん

関さんは、平成11年に市町村の人事交流で東和町役場に2年間派遣され、その後農林水産省に戻ってからも東和地域の方々と交流を続けていた「ご縁」がきっかけで、13年前に二本松市(旧東和町)に移住してきました。平成18年に農業研修を開始し、空き家と農地を手に入れ、農業委員会の許可を得て正式に農業者となり、耕作放棄地を開墾して畑を復元。有機農業にこだわり、自宅のまわりにキュウリやインゲン、大根、麦などいろんなものを育てています。

また、移住当初は、冬の間市内の酒造会社に勤務しておりましたが、自ら発泡酒の製造許可を取得し自宅で「ななくさビーヤ」を製造販売。東日本大震災後は、地域の有志の方々と、「若い女性に集まってもらうにはワインだ」と、ワイン製造会社「ふくしま農家の夢ワイン㈱」の設立にも関わり、地酒づくりにも取り組んでいます。

「人と人とがつながっている田舎っていいよな」、「ふるさとが欲しかった」。自分で体を動かして何かやりたかったと、夫婦で二本松市東和地域に移住することを決めました。「ご縁」が大事!ご縁を生かしてつながっていくと、安心して暮らすことにつながると語っております。

有機農家 渡辺文男さん

二本松市岩代地域で長年有機農業を営んで来られた渡辺さん。夫婦2人での生活で、家には農業後継者がいないということを真剣に悩み、農業を継いでやってくれる人を探しています。「農機具もそろっており、何も心配することはない」、農業のやり方も教えるので、一緒に農業をやってみませんかと呼びかけています。

【宿泊場所】
農家民宿『ゆんた』

沖縄の石垣島出身の仲里忍さんは、東京で働いていた時に、田舎暮らしの本に載っていた東和地域に興味を持ち、二本松市に移住し、農業をする傍ら念願の農家民宿を開業。人があったかい田舎の暮らしに安心しているという。『ゆんた』とは、沖縄の八重山列島に伝わる民謡の形式のひとつのこと。

沖縄出身の仲里忍さん

沖縄出身の仲里忍さん

イベントお申込み

<スケジュール>

時 間 内 容 食 事
6月22日(
11:30 二本松駅集合
送迎車にて東和地区へ
12:00 ふくしま農家の夢ワインにて昼食
滞在中のスケジュールなどご案内致します。
 昼
14:30 農業体験
有機農家を訪ね畑で収穫体験をします。
18:00 先輩移住者、地元の方との夕食交流会 夕食
20:00 交流会終了
農家民宿泊
6月23日(
9:00 農業体験
有機農家を訪ね畑で収穫体験をします。
11:30 昼食(ツアーの振り返り)  昼
13:00 二本松市内観光
14:25 二本松駅着、解散。

 

旅行代金 4,000円
料金に含まれるもの 宿泊代金、食事代金(朝1回、昼2回、夜1回)、懇親会費、各体験代
集合場所 二本松駅
集合時間 11:30
宿泊先 農家民宿
募集定員 6名
受付締切 6月10日※定員になり次第締め切らせて頂く場合もございます。
交通費の助成について 本企画は、ふくしま移住希望者支援交通費補助金の対象となっております。詳しくは、福島県のホームページをご覧ください。

【旅行企画・実施】
二本松市役所秘書政策課
福島県二本松市金色403-1
電話:0243-24-7120
担当:引地・五十嵐
ご質問・お問い合わせ:energy@city.nihonmatsu.lg.jp

イベントお申込み

Pocket
LINEで送る