福島と伊豆の農家さんの交流会を開催!

あうたび代表の唐沢です。

今回は、自分がお世話になっている福島と伊豆の農家さんの交流会を行いました。

福島県二本松市で活動されている「オーガニックふくしま安達」の皆さんが伊豆の有機農業を視察に行くという趣旨のものです。

オーガニックふくしま安達は、福島県県北地方の安達郡内で有機農業を営む農家を中心に、有機農産物の計画的栽培と組織的出荷を目指して平成23年4月に設立されました。風評被害を払拭するため、生産者自らが首都圏等のイベントへ積極的に出展し、消費者との交流と有機農業のアピールを行なっています。

オーガニックふくしま安達の皆さんと伊豆の農家さん

オーガニックふくしま安達の皆さんと伊豆の農家さん

東京で合流して、福島の有機農業家関さんのツテで熱海市長の齊藤栄さんを訪ねました。

年末の集まりで市長と知り合い、今回の訪問となったようです。

ぞろぞろと市長室に通していただき、熱海市の取り組みなど1時間ほどお話しを伺いました。


熱海からレンタカーを借り、伊豆松崎町へ。今月は、松崎町にご縁があるようです。

レンタカーの車内では、運転手を除く全員でフライングの宴会!福島の農家はとにかく酒が好きです。

到着したのは午後6時過ぎ。気分良く温泉に入った後は、二本松と松崎の農家さん懇親会です!

自己紹介では、名前の他に栽培品目をお話してました。(さすがは農家の飲み会です)

カブの話で盛り上がっていたり(※株ではありません。)、同じ大学の先輩後輩で盛り上がっていたり楽しい宴は2件目の居酒屋まで続きました。


翌日は、地元の直売所を視察してみかんを大人買い。さすがに福島では柑橘系の栽培をしている人はほとんど居ないそうで、お土産に沢山購入していました。

松崎のみかんは、本当に美味しいですからね。

その後、松崎の特産品、桜葉漬けの工場の視察、わさびやクレソン、カブなどを栽培している農家さんを訪問しました。


福島まで帰る都合もあり、忙しいスケジュールでしたが、色々と意見交換もできたようです。

あうたびの活動で、福島と伊豆の農家さんが繋がることができたのは、とてもうれしく思いました。

気候も作物も異なる2つの地域ですが、抱えている問題の根っこは同じだったようです。新しい提携話も出たようで、今後の展開が楽しみです。

それにしても福島の皆さんは、富士山に大興奮でした。やはり富士山は偉大ですね!

イベントお申込み

Pocket
LINEで送る