Go Toイベント対象あり!最大20%オフ!

【9月22日&24日】児玉教授と巡る、とっとり発酵オンラインツアー

全回満員御礼!たくさんのお申し込みありがとうございました。

《酵母や麹、発酵微生物の世界に触れる旅》

日本酒、ビール、パン、チーズ、みそ、しょうゆ、納豆、漬物….。身近にある発酵食品はあげるとキリがありませんが、これら全て、私たちの身近に存在する発酵微生物により作られています。そんな発酵微生物にはまってしまった児玉基一朗先生と一緒に、鳥取県近郊の発酵現場を覗くオンラインツアーを企画しました。

今、鳥取県を中心に、地域に根ざした微生物、地元ならではの酵母「ローカル酵母」を活用して様々な商品開発が行われています。協会酵母ではなく地元大山のミズナラの木から採取した酵母を使った日本酒、輸入品ではない地元の桜の花びらから採取されたラカンセア酵母で醸造したビール、野生ヒノキ酵母で育てたヒノキで焼かれたパン。酵母だけではなく、お店の庭先に空から降臨する麹菌で作るお味噌など、地域食材だけではなく地域微生物も、地域の資源として活用されています。

そんな奥が深い発酵の世界を巡る今回のツアー。児玉先生と一緒に、発酵の世界を巡りましょう!

<企画協力:児玉基一朗教授、大谷酒造株式会社、藤原みそこうじ店、AKARI BREWING、一般社団法人チーズ観光協会>

今回は、鳥取県近郊を訪れます
今回は鳥取大学で教鞭をとられる児玉先生の研究室から始まり、2回に分けて鳥取の発酵現場を訪れます。22日は「鷹勇」を醸す鳥取県琴浦町の大谷酒造さん、鳥取県若桜町の藤原みそこうじ店さんを訪問。24日は鳥取県鹿野町のクラフビール醸造所AKARI BREWINGさん、そして「森を食べる!プロジェクト」などを企画されている岡山県西粟倉の一般社団法人チーズ観光協会さんへ伺います。地元に根ざした微生物を使って、様々な取り組みをされている生産者の皆さん。どんなお話が聞けるかお楽しみに♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる