【1月8日】郷土の味を次世代に繋ぐオンラインツアー!山形県置賜地域のお正月料理を作って食べてみよう!

Aセットのみ、2022年1月3日まで追加募集中!
《オンラインお料理イベント!2022年の始まりは「東洋のアルカディア」から!》

お家にいながら、会える、繋がる、あうたびのオンラインツアー!そして、今回は、一緒に料理も!!

今回お伺いするのは、山形県南部に位置する長井市です。長井市も含まれる置賜地域には、独特の食文化が今もなお残っています。名君と呼ばれる米沢藩9代藩主の上杉鷹山公の教えにより、江戸時代から「鯉」を食べる文化があり、お正月やハレの日には必ず「鯉の甘煮」を食べています。また、「秘密のケンミンショー」で「山形県民は雑草を食べる!?」と話題になった、「ひょう」もお正月料理の定番です。「ひょっとしていいことがあるように」と煮物などにして食べます。他にも、身体を温めるために冬に食すお料理や、冬の保存食など、この地域には昔から受け継がれた知恵がたくさんあります。
2022年のお正月は、地元のおかあさんと一緒に置賜地域のお正月料理を作って食べて、心も身体もポカポカになりませんか?
郷土の味を次世代に繋ぐオンラインツアーです。

<企画協力:やまがたアルカディア観光局>

置賜地域のお正月料理を作ろう!(イメージ)

あうたびオンラインツアーのメリット
◎他では買えないオリジナル特産品セットが自宅へ届きます!
◎飲んで食べることで、生産者さんを応援できます!
◎普段会うことのない生産者さんや地域の方を訪問し交流します!
◎自宅に居ながら、安心・安全・気軽に旅行気分を味わえます!
◎リアル旅行で会いたい人ができて、未来の旅行の楽しみが広がります。

今回は、山形県長井市を訪れます

ながい百秋湖
最上川舟運で栄えた歴史を持つ町

山形県南部に位置する長井市、南陽市、白鷹町、飯豊町、小国町の2市3町で設立された「やまがたアルカディア観光局」。
かつて英国の旅行作家イザベラ・バードがこの地を旅し、「東洋のアルカディア(理想郷)」と賞賛しました。
今回は、最上川舟運で栄えた長井市がオンラインツアーの舞台です。最上川舟運の歴史を伝える古い町並みや建物が多く残り、町のあちこちから水音が聞こえ、梅花藻が咲く水のきれいな町です。

大正からの鉄道の歴史を伝える「羽前成田駅」
梅花藻
最上川舟運で栄えた商家の1つ「丸大扇屋」

最近では、ながい百秋湖での、水陸両用バスや遊覧船、SUPや水上自転車などの水上アクティビティが人気となっています。

水陸両用バス
SUP(スタンド・アップ・パドル)
水上自転車
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる