【1月29日】大分県中津市・宇佐市・豊後高田市!地酒とお酒にぴったりなおつまみを満喫するオンラインツアー

《大分ノースエリアの地酒と絶品おつまみを楽しむ旅へ!》

大分県北部に位置する中津市・宇佐市・豊後高田市。前回10月23日に開催した「旬のフルーツと地域の産品を使用したおすすめスイーツを巡るオンラインツアー」に続き、今回は大分県が誇る地酒とおすすめのおつまみを巡るオンラインツアーを開催します。

大分県内最古の酒蔵である宇佐市「縣屋酒造」、中津市の「本格純米焼酎の逸品」とも言われる「耶馬美人」のほか、お酒のおつまみにもぴったりな地域の特産品の生産者等を訪ねます。おすすめの地酒とお酒にもぴったりなご当地グルメがたくさん詰まったオリジナルのオンラインツアーをぜひお楽しみください。

<企画協力:おおいたノースエリア連携協議会>

あうたびオンラインツアーのポイント
◎お得な特産品セットが事前にご自宅へ届きます!
◎生産者さんと直接お話や交流ができます!
◎飲んで食べることで、生産者さんと地域を応援!

今回は、大分県中津市・宇佐市・豊後高田市を訪れます

中津市は、山国川の源流から河口まで続く、耶馬渓の渓谷美と城下町の歴史が織り成す魅力あふれるところです。山国川とその支流が美しい渓谷をみせる地域は様々な地域に分かれており、名勝耶馬渓としての渓谷美だけでなく、史跡も数多くあります。さらに、旅を彩る温泉も数多くあります。城下町中津は、福澤諭吉が幼、少、青年期を過ごした10万石の城下町です。福澤旧居には、彼が勉学に励んだ土蔵と業績を紹介した記念館があります。新・旧1万円札も展示しています。この他にも様々な歴史と文化を育んだ城下町のみどころがたくさんあります。

宇佐市は、全国八万社の総本宮である宇佐神宮と、前人未到の69連勝を成し遂げた昭和の大横綱「双葉山」生誕の地であるため「勝ちのまち」として有名です。また、九州一の広さを誇る「アフリカンサファリ」や九州華厳と呼ばれる「東椎屋の滝」など観光地もたくさん。「宇佐からあげ」や「安心院すっぽん」などのご当地グルメも豊富にあり、食べる価値も見る価値も満載です。

豊後高田市は、千年の時を越えて受け継がれてきた美しい自然、六郷満山(ろくごうまんざん)文化の歴史が織り成す豊かな風土、懐かしい気持ちが甦る「昭和の町」の古い町並みや何百年も続く伝統行事など、古き良き時代を知り、触れることができる町です。また、絶景スポットの「真玉海岸」、自然とアートが融合する「花とアートの岬 長崎鼻」では、心と体を癒す非日常的な新しい体験を味わうことができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる