【満員御礼】長野県“美味しい安曇野”を味わう!オンラインアグリツーリズム

※満員御礼!沢山のお申し込みありがとうございました。

《次の旅先を見つける!あうたびオンラインツアー》
冷涼な気候、豊富な水、長い日照時間、昼夜の寒暖差…。気候風土に恵まれた長野県安曇野では、美味しい農産物がすくすくと育っています!美味しい安曇野の農業生産者に会いに行く、オンラインアグリツーリズムを2回に渡り開催します!

今回は日本酒・果実酒そしてビールに合わせ、お蕎麦に生わさび、安曇野放牧豚そして季節のお野菜と安曇野の美味しい場所を巡ります。

次回は安曇野で生産されるワインに合わせ、信州サーモンやわさびクリームチーズ、いちごのジェラートなど、全く違った味を楽しめますのでご期待ください!
<企画協力:安曇野市 農林部 農政課>

あうたびオンラインツアーとは?
地域応援特産品セットを購入するだけで、画面を通じて地域の人々と繋がり実際に旅している気分を味わえます。登場する方は地元の生産者さんで、照れながら方言が飛び出したりする、ゆるゆるほのぼのしたツアーです。このオンラインツアーを通じて、人と人が繋がり地域のファンとなり、実際に訪れるきっかけになれば幸いです。

あうたびオンラインツアーイメージ動画

ツアーへの参加は、無料オンライン会議システムZoomを使用します。パソコンまたはスマートフォン、タブレットがあれば、自宅に居ながら気軽に参加が可能です。背景を好きな画像に変えたり、顔を出さずに参加をすることも可能です。※Zoomを使ったことがない、やり方がわからないという方は、事前にサポート致しますので気軽にご連絡下さい。

あうたびオンラインツアーのメリット
◎他では買えないオリジナル特産品セットが自宅へ届きます!
◎飲んで食べることで、生産者さんを応援できます!
◎普段会うことのない生産者さんや地域の方を訪問し交流します!
◎自宅に居ながら、安心・安全・気軽に旅行気分を味わえます!
◎リアル旅行で会いたい人ができて、未来の旅行の楽しみが広がります。

イベントお申込み

お問い合わせ

長野県安曇野市
安曇野市は、市内をくまなく流れる水路のおかげで、長野県で1番の米どころ。綺麗な湧水を使ったワサビ作りが全国でも有名な他、太陽の日がよく当たる山裾ではりんご作りも盛んです。四季折々、様々な表情を見せる安曇野の大自然。そこから沢山の美味しい農産物が生まれます。

◎開催日:2020年11月22日(
◎集合時間:13時(17時終了予定)入退出自由
◎集合場所:パソコン・スマホ・タブレットの画面前
◎ツアー参加費:無料(1アカウント1地域応援セットの購入をお願い致します)
◎安曇野応援セット(税・送料込み)

A 日本酒セット:7,900円
・純米吟醸原酒「逢醸」300ml(EH酒造)
・安曇野エール(ビール) 330ml(斉藤農園)
・安曇野放牧豚しゃぶしゃぶ用 300g(藤原畜産)
・農家の生そば(2人前・汁付き)300g+そばがき用そば粉100g(細井ファーム)
・生わさび1本+おろし金セット(藤屋わさび農園)
・りんご(ピンクレディー)1kg(信州安曇野フレンドファーム)
・季節の野菜

B 日本酒飲み比べセット:9,500円
・「逢醸」「幻の酒角びん」「特別純米角びん」各300ml 3本セット(EH酒造)
・安曇野エール(ビール) 330ml(斉藤農園)
・安曇野放牧豚しゃぶしゃぶ用 300g(藤原畜産)
・農家の生そば(2人前・汁付き)300g+そばがき用そば粉100g(細井ファーム)
・生わさび1本+おろし金セット(藤屋わさび農園)
・りんご(ピンクレディー)1kg(信州安曇野フレンドファーム)
・季節の野菜

C 果実酒セット:9,000 円
・「りんごのお酒」「ぶどうのお酒」各360ml 2本セット(EH酒造)
・安曇野エール(ビール) 330ml(斉藤農園)
・安曇野放牧豚しゃぶしゃぶ用 300g(藤原畜産)
・農家の生そば(2人前・汁付き)300g+そばがき用そば粉100g(細井ファーム)
・生わさび1本+おろし金セット(藤屋わさび農園)
・りんご(ピンクレディー)1kg(信州安曇野フレンドファーム)
・季節の野菜

S ノンアルセット:7,000 円
・プレミアムトマトジュース 180ml(ナチュベリーズ安曇野自然農園)
・安曇野放牧豚しゃぶしゃぶ用 300g(藤原畜産)
・農家の生そば(2人前・汁付き)300g+そばがき用そば粉100g(細井ファーム)
・生わさび1本+おろし金セット(藤屋わさび農園)
・りんご(ピンクレディー)1kg(信州安曇野フレンドファーム)
・季節の野菜

Z 安曇野お試しセット:4,300円
・農家の生そば(2人前・汁付き)300g+そばがき用そば粉100g(細井ファーム)
・生わさび1本+おろし金セット(藤屋わさび農園)
・りんご(ピンクレディー)1kg(信州安曇野フレンドファーム)
・季節の野菜

 ※宅配便は、クール冷蔵便とクール冷凍便の2個口でのお届けとなります。

応援セットの比較一覧表は、こちら。

◎お申込み・ご参加の流れ
1.お申し込みフォームよりお申し込み(応援セットを選択)
応援セットはご入力をいただいた住所へのお届けとなります。

2.お振込先情報などをメールでご案内
autabi.com のドメイン解除お願いします※
お申し込み後、土・日・祝を除く2営業日以内に弊社からのご案内メールが届かない場合は、誠に恐れ入りますが「order@autabi.com」までご連絡お願いします。
お支払期限は、弊社からのご案内メール到着後、3営業日以内でご案内しています。
ツアー開催日が近づいている場合は、弊社メール到着後、翌日の午前中までにお支払ください。
お支払が遅れますと、ツアー当日までに商品が届かなくなる恐れがございます。

3.応援セットの発送
ご入金確認後、応援セットの発送までしばらくお待ちください。
応援セットはツアーの前日までのお届けとなります。発送元の都合上、お届けが早まる場合もございます。
応援セットの発送時に商品の伝票番号とオンライン交流会の接続用ID/パスワードをお知らせします。

4.ツアー当日は、応援セットを片手に生産者さんを訪問
途中入場退出自由となっています。お気軽にご参加ください。

◎今回のスペシャルゲスト
・EH酒造 飯田 純一さん
・信州安曇野フレンドファーム 福嶋 宏史さん
・藤屋わさび農園 望月 啓市さん
・藤原畜産 藤原 喜代子さん
・細井ファーム 細井 正博さん

<ツアーのスケジュール>

時 間 内 容 食 事
11月22日(
12:30 受付開始
Zoom初体験の方は、お早めにログインしてみてください。
13:00 ツアー開始。(画面の前にお集まり下さい)途中から参加や退場は自由です。
あうたびより挨拶とツアー中のご案内など。
13:10 安曇野市農林部農政課より安曇野市のご紹介をいただきます。
13:30 EH酒造を訪問。
常務の飯田純一さんに、豊かな名水と良質な米、気候に恵まれた安曇野の酒造りのお話を伺います。まずはこちらで乾杯!
 日本酒
14:00 信州安曇野フレンドファームを訪問。
代表の福嶋宏史さんより、りんご作りに到るまでのお話や農業にかける思いなど伺います。
 りんご
14:30 藤屋わさび農園を訪問。
4代目の望月啓市さんより、わさび作りやわさびの海外輸出の取り組みなどについてお話を伺います。
 わさび
15:00 藤原畜産を訪問。
オーナーの藤原喜代子さんより、畜産の様子や安曇野放牧豚の美味しい食べ方などご紹介いただきます。
 安曇野豚
15:30 細井ファームを訪問。
代表の細井正博さんより有機農業の取り組みなどについて伺います。そば粉を使ったそばがきの作り方もご披露いただきます。
 蕎麦
16:00 懇親会
地元の方を交えたオンライン飲み会です!追加の質問なども遠慮なくどうぞ。
17:00 ツアー終了(中締め)
2次会として引き続きZoom環境を開放しますので、参加者同士の自由な交流をお楽しみください。

※時間は目安となります。内容に関しても天候や現地事情、進捗状況により、適宜変更をさせていただく場合がございます。

開催日時 2020年11月22日()13時〜(17時終了予定)
ツアー代金 無料ですが、1アカウント1応援セットのご購入をお願い致します。
応援セット価格 Aセット7,900円 、Bセット9,500円、Cセット9,000円、Sセット7,000円、Zセット4,300円のいずれかをお選び下さい。
募集人数 30名(最少催行人員20名)
キャンセル規定 ご入金後のキャンセル・ご返金は承れませんので予めご了承下さい。
受付締切 商品発送の都合上、11月17日(火)までとさせていただきます。
※沖縄・離島の方は、送料及び締切日が異なりますのでお問い合わせください。
環境について テレビ会議ツール(Zoom)を用いて開催します。Zoomの利用は無料ですが、事前にダウンロードをいただく必要があります。スマートフォンでのご参加も可能ですが、安定したWi-Fi環境のある場所でのご参加をおすすめします。
※Zoomを使ったことがない、やり方がわからないという方は、事前にサポート致しますので気軽にご連絡下さい。

イベントお申込み

お問い合わせ

<生産者紹介>
EH酒造 飯田 純一さん

安曇野の地に蔵を構えて200年。豊かな名水と良質な米、気候に恵まれたこの地で酒を醸し続けるEH酒造。代々の蔵元の家に生まれた飯田さんは、常務として販路開拓に取り組んでいます。特に力を入れているのが海外輸出。30年前から輸出しているアメリカのほか、ベトナムや香港、シンガポール、マカオなどへ輸出。近年では安曇野市と連携し、海外の輸入事業者を回ったり、現地でイベントを開催して安曇野の酒を世界に売り込んでいます。

EH酒造の銘柄「酔園」が誕生したのは昭和36年。江戸後期創業の「亀屋酒造店」「飯野屋」、そして明治初頭創業の「務台酒造店」の合併により、それぞれの酒造りを継承して「酔園」が誕生しました。水は北アルプスの伏流水、酒米は安曇野産のひとごこちや美山錦、金紋錦、山田錦、あきたこまちなどを使用。「酒は、人が造るのではなく、自然が造るもの。私たちはその手助けをさせていただく」を信念に、芳醇旨口の酒を醸しています。

こちらの商品をお届けします。

左から「逢醸」「幻の酒角びん」「特別純米角びん」各300ml。Aセットは「逢醸」のみ、Bセットは3種全ておつけします。

日本酒が苦手な方向けに、今回は清酒ベースのリキュールもご用意いたしました!「りんごのお酒」「ぶどうのお酒」各360ml 2本セットとなっています。

信州安曇野フレンドファーム 福嶋 宏史さん

札幌市で生まれ、埼玉県で育ち、中学3年生からは松本市に。生き物が好きで、大学では理学部で学んでいましたが、農作物への興味から大学院では農学部に。在学中にアメリカの農業研修に参加。1年半の研修で、アメリカの農家は職人ではなく、経営者(=ファーマー)であることを直に学びました。帰国後は農業法人で3年間働いたのち、独立。現在はりんごのほか、梨や桃、栗、枝豆、トウモロコシ、サツマイモなどを栽培しています。

「農業を選ばれる仕事にしたい!」と、アメリカでの農業研修で目にした“ファーマー”を、安曇野で実践している福嶋宏史さん。平成30年には「仕事と家庭を両立できる、農業という生き方に魅力を感じた」という子真さんと結婚。食品会社のマーケティング部門で働いていた子真さんが販売を担います。お客さんとのつながりを大切にし、農産物通販サイト「ポケットマルシェ」では月間総合ランキング6位に入るほどの人気の農園です。

こちらの商品をお届けします。

ピンクレディー1kgを全員の方にお届けします!

藤屋わさび農園 望月 啓市さん

昭和11年創業の藤屋わさび農園の4代目。「SNSを活用してわさびを世界に売り込む若手農家」としてNHKで取り上げられ、日本のみならず海外の番組でも紹介されました。わさび農家の長男として生まれ、当然のように家業を継いだ望月さん。「ずっと言われていたので抵抗はなかったです。それよりも頑張れば頑張るだけ、成果が出ることが楽しい」と、輸出のほか、おろし板や新商品、新品種の開発など様々な取り組みを行っています。

藤屋わさび農園が海外輸出に取り組むきっかけとなったのは、平成29年度に安曇野市が食品会社と協力して行ったロンドンでのわさびプロモーション。「海外にわさびの価値をわかってくれるシェフがいて、ニーズがあることを実感しました」と海外の風を肌で感じ、SNSを活用して積極的に情報発信をするようになりました。今では、ロンドンのほか、フランスやアジア各国への輸出も手掛け、安曇野わさびの魅力を世界に発信しています。

こちらの商品をお届けします。

新鮮わさび1本とおろし金をセットにしてお送りします!

藤原畜産 藤原 喜代子さん

昭和26年創業の藤原畜産。平成9年から直販を始め、現在では全国70店舗余の飲食店で扱われています。オーナーを務めるのは藤原喜代子さん。各地イベントなどにも参加して、安曇野放牧豚の美味しさを伝えています。「安曇野放牧豚は雑味やくさみがなく、脂がすっきりと甘く、そしてアクが出ないのが特徴です。こだわりの環境と餌によって自己免疫力を高めているため、抗生物質・ホルモン剤は一切投与していません」。

安曇野放牧豚は、北アルプスを望む標高800mの山中で、たっぷりと日光を浴び、自然の風にさらされ、適度な運動をしながら、安曇野の自然につつまれ育っています。環境にこだわり、豚にとってストレスとなる状況は極力排除。自然に自由に肥育されています。餌にもこだわり、地元産の米・麦・大豆などの穀類をはじめ、春には野草、夏には下原のスイカ、秋には高原野菜やクルミ、冬にはりんごなど、四季折々の地物野菜や果物などを食べて育ちます。

こちらの商品をお届けします。

安曇野放牧豚しゃぶしゃぶ用をお送りいたします。グラム数などは調整中です。もうしばらくお待ちくださいませ!

細井ファーム 細井 正博さん

長野県松本市出身。サラリーマンをしながら奥さんの家の農業を手伝ううち、本格的に農業をしていこうと、20年ほど前に脱サラ。「農業を通じて環境を守ることに貢献したい」と、独学で勉強し有機農業に取り組み、現在では県の有機農業推進アドバイザーも務めています。8ha の圃場でお米やそばを栽培し、平成21年からは、そばとおにぎりのお店「信州坊主ほのか」をオープン。農業をするかたわら自ら厨房に立ち、そばを打っています。

〝お米の4大コンテスト〟のすべてで上位入賞を果たした、安曇野を代表する米職人の細井さん。その旨さの秘訣は、こだわり抜いた栽培法にあります。JAS認定を受けた有機栽培でつくるのはもちろん、一部の圃場では有機肥料も施さない、自然栽培にも取り組んでいます。そして、そのこだわりは「そば」にも。麺もツユも自家製造し、細井さんが経営する農家レストラン「信州坊主ほのか」で人気のそばを、お取り寄せ用に商品化しました。

こちらの商品をお届けします。

農家の生そば(300g、2人前・汁付き)を全ての方にお届けします。そばがき用のそば粉も100gプレゼント。ツアー当日は一緒にそばがき作りに挑戦しましょう!

斉藤農園 斉藤 岳雄さん(商品提供のみ)

米や麦、そばを栽培するほか、自家栽培・自家製粉のそばを提供する「斉藤農園 あぐりす」を運営する斉藤農園の専務。スイスへの農業研修を経て平成9年に就農。平成28年から荒廃農地を活用してホップ栽培を始め、現在は17aの畑で「信州早生」「カスケード」「センテニアル」「マグナム」などの品種を栽培。令和元年にすべて安曇野産原料で仕込んだクラフトビールを完成させました。「安曇野産ホップを生産する会」代表も務めています。

「近くの荒廃農地をなんとかしたかった」「せっかくなら特色あるもので」とホップ栽培を始めた斉藤岳雄さん。現在、国産ホップは岩手県遠野市など一部でしか栽培されていませんが、かつては長野県でも生産が盛んでした。そんなホップ、そして全原料安曇野産のクラフトビールを新たな特産品にしようと、遠野市への研修や50年前の資料を参考にして安曇野版の栽培体系を確立。苦味が少なく香り豊かな「安曇野エール」が完成しました。

こちらの商品をお届けします。


A、B、Cセットのお客様には安曇野エール1本が届きます。

ナチュベリーズ安曇野自然農園 降旗 文郎さん(商品提供のみ)

安曇野市出身。東京の外資系企業で働いていた際、都市生活者が農業や自然に癒しを求めていることを感じ、「自分がその架け橋になりたい」と脱サラ。農業大学校やミニトマト農家での里親研修を経て平成24年に就農しました。前職で有機農産物のお店を立ち上げた経験もあり、有機農法でミニトマトを育てています。今後の目標は、訪れてもらうことで癒しを提供できるような観光農園を開くこと。法人化や6次産業化も見据えています。

「安心・安全」「美味しい」「美しい」をコンセプトに、有機JAS認定のミニトマトを栽培。土づくりには最も力を注ぎ、自家製ぼかし肥料などの有機物や天然鉱物などを使って、多様な微生物が共生する土に変えました。品種はジューシーな甘味がある「ラブリーさくら」と、シャキシャキした食感の「純あま」。糖度は12~13度。フルーツのような甘さです。プレミアムトマトジュースSAKURAは、そんな生食用のミニトマトだけで作った逸品です。

こちらの商品をお届けします。

ノンアルセットの方のみ、こちらのプレミアムトマトジュース 180mlをお送りします!

【参考外部リンク】
あづみ農
安曇野美味礼讃
EH酒造
信州安曇野フレンドファーム
藤屋わさび農園
藤原畜産
細井ファーム 
斉藤農園
ナチュベリーズ安曇野自然農園

【イベント企画・実施】
あうたび合同会社(東京都知事登録旅行業第2−7472)
東京都北区赤羽1-59-8ヒノデビル4F
電話:03-6356-4461
担当:唐沢
メール:info@autabi.com

イベントお申込み

Pocket
LINEで送る